「不妊の原因は中絶や太りすぎ?イライラは悪影響?」

 

少子化が叫ばれている昨今ですが、妊娠したくないのではなく、子どもが欲しいのになかなか授からない…と悩み、不妊治療に取り組んでいるカップルも多い日本の実情。

 

Sponsored Links

実は、不妊症は現代医療の現場でも明確に原因や治療法が確立しているわけではなく、長く不妊症と診断されていたカップルがふとしたきっかけで妊娠できたり、男女とも機能的にはなんの問題も見いだされないのになかなか妊娠できない場合もあったりと、まだまだ解明されていないことが多いのが事実です。

 

しかし、妊娠しやすい状態を作る条件を探していくと、妊娠には生活習慣やメンタルが深く関わっていることが分かります。

 

今回は不妊の原因を多方面から探っていきましょう。

 

不妊の原因は中絶が関係している?

不妊治療をするカップルがいる一方で、望まない妊娠などによる人工中絶手術をする人もいます。

 

現在妊娠を望んでいる女性でも、過去に人工中絶をした経験のある方もいるのではないでしょうか?

 

人工中絶手術をしたこと自体は必ずしも不妊症の原因にはならないと言われています。

 

ただ、やはり正常に妊娠しているものを人工的に取り除くことになりますので、女性の心や体へのダメージは大変大きいものとなります。

 

また手術の精度が低かったり、術後のケアが十分でなかったり、何度も中絶を繰り返しているような場合は子宮に異常をきたし、不妊症の原因となることが考えられます。

 

人工中絶手術では、器具によって子宮内の胎児を掻き出すため、子宮が傷つけられてしまうことがあります。

 

傷がついたところを治そうと子宮内膜に癒着が生じ、子宮腔の内壁がくっついてしまうアッシャーマン症候群という重大な病気を発症することがあるのです。

 

これは元に戻ることは無く、子宮内膜が正常な厚みを作れなくなってしまうため、着床しにくい環境になってしまいます。

 

仮に妊娠できても、流産しやすくなってしまうことも分かっています。

 

このような状態を避けるため、人工中絶手術をしなくてはならない場合はきちんとした医療機関で受けることや、手術後に高熱が出たり出欠が止まらない、ひどい腹痛が続くなどの症状が出た場合は早急に医師に相談することが必要です。

 

また自分の身体に重大なダメージを与えたことを自覚し、術後はハードなスポーツや性交は控える、以後中絶手術を受けなくても良いようにしっかりと避妊をするなど、望んだ時に妊娠ができるようケアしておくことも大切です。

 

もし昔中絶した経験があり、妊娠しにくくて悩んでいるようなら、早めに医師に伝えて検査を受けてみることをお勧めします。

 

また、心の問題も原因の一つになり得ます。

 

過去に中絶してしまったという罪悪感がストレスになって妊娠を妨げているケースもありますので、あまりその思いが強いようであれば不妊治療の医師に相談してカウンセリングを受けることも視野に入れてみましょう。

 

不妊の原因は太りすぎ?

不妊の原因の一つとして、肥満も考えられます。

 

BMIが27以上の方や過去に肥満と診断されたことのある女性で、そういえば生理が来なかった、といった経験はありませんか?

 

実は肥満を作っている脂肪細胞が妊娠に悪影響を及ぼしているのです。

Sponsored Links

 

脂肪細胞はアディポネクチンというたんぱく質を作っているのですが、肥大化した脂肪細胞はこのアディポネクチンの分泌が少なくなります。

 

このたんぱく質が減少すると卵巣の革が分厚くなって卵子がうまく育たなくなったり無排卵になってしまうと言われています。

 

また女性ホルモンとして有名なエストロゲンも脂肪細胞から作られるのですが、このエストロゲンが増えすぎても生理不順を起こしてしまう原因になるのです。

 

肥満が不妊の原因になるのにはこういった主にホルモンバランスが崩れやすくなることが大きいのですが、もう少し一般的な目線でも考えてみましょう。

 

妊娠しやすい体作りには、規則的な生活習慣、ストレスの少ない生活、栄養バランスのとれた食生活、体を温め体温を上げる食事や適度な運動などが必要となります。

 

これらを満たせていれば、肥満になることはありませんね?

 

例えば仕事を早めに切り上げて生姜など体を温める食材をバランスよく使って手作りした夕食をできるだけ22時前には済ませ、夜中に何か食べたくなる前に適度な睡眠をとる。

 

そして早起きしてウォーキングやヨガなどで代謝を上げる。

 

妊娠しやすい体作りは、適正で健康な体型に導きます。逆に考えれば、太りすぎが不妊の原因になることはよく分かりますね。

 

不妊治療を考える前に、無理の無い健康的なダイエットをお勧めします。

 

イライラなどのストレスも不妊の原因?

先に挙げたように、ストレスなど心の不調も不妊の原因の一つとされています。

 

例えばよく、不妊治療を地道にずっと続けていたけれども子宝に恵まれず、あまりのストレスにもう諦めよう、と不妊治療を辞めた途端に自然妊娠できた、という話を聞きませんか?

 

これはストレスが妊娠を妨げていたのです。

 

ストレスを感じると体内に「活性酸素」と呼ばれる強い毒素が現れます。

 

この活性酸素が女性の場合子宮を攻撃する性質があることが分かっています。

 

活性酸素によって排卵、受精、着床を妨げられるため、妊娠しにくい環境になってしまうのです。また男性でも、強いストレスを受けていると精子の生産量や運動量が減退することが分かっています。

 

ストレスは体内の血流を悪くし、消化機能を低下させたり子宮周りを冷やしてしまったりと良いことがありません。

 

更にストレスを感じるとその解消に飲酒やタバコ、それに間食へ逃げ道を求める人も多いでしょう。

 

これらは不妊を悪化させる二次被害を生じます。

 

男女共に、ストレスは百害あって一利なしですので軽減する方法をそれぞれで見つけていかなければなりません。

 

妊娠力を高めるためにも必要な適度な運動ですが、体を動かすことが好きな方はこれがストレス解消になるかもしれませんね。

 

人間関係などで悩みが多い方は、自分が幸せでいるために本当に必要な人だけにお付き合いを整理することが最初のステップかもしれません。

 

断捨離なども効果的です。

 

家の中もすっきりしますが、物を捨てることで精神的にも負担が軽くなるようです。

 

妊娠力を高めるためには、男女ともにリラックスしてゆったりとした心で赤ちゃんを待つ気持ちでいられることが大事です。

 

無理や我慢をあまりしないようにしましょう。

 

Sponsored Links