「不妊症にプラセンタやザクロ、ビタミンEは?」

 

妊娠を望む健康なカップルが定期的に性交渉を続けて1年経っても妊娠に至らない場合、不妊症と診断され不妊治療を受けることになります。

 

Sponsored Links

ただ、不妊治療は初期の内容を超えると保険がきかなくなり、時間がかかるほど費用負担が大きくなりますので、できれば早期に妊娠に漕ぎつけたいものです。

 

そこで今回は、不妊症かも?と思ったらまず試してみたい栄養素や食べ物などをご紹介しましょう。

 

不妊症にプラセンタは効果的?

プラセンタと聞くと、美容系の効果が先にイメージできますね。

 

実はプラセンタは妊娠しやすい体作りに非常に効果が高いことが分かっています。

 

プラセンタとは、直訳すればズバリ「胎盤」のことです。

 

胎盤は一つの受精卵を赤ちゃんまで育て上げるための成長を担う驚異的な臓器であり、もちろん胎児にとって大切な命綱なのですが、ただ酸素や栄養素をお母さんを通して送るだけの機能ではありません。

 

まだ各器官が発達していない胎児の代わりに、体の各機能の役割を果たします。

 

つまり呼吸やたんぱく質の合成、ホルモン分泌や有害物質の排出などです。

 

そのため胎盤、つまりプラセンタには人間の成長に必要不可欠な多彩な栄養素がギュッと詰まっているのです。

 

さて、この万能の臓器、プラセンタはヒトはもちろん、牛や豚などの動物性、また大豆などの胚をもとにした植物性などから抽出され、サプリメントや注射などで体内に取り込むことで美肌や不妊症、不育症などに効果が高いとされ女性ならば年代問わず人気があるのです。

 

ですが、その効果の根拠となるのが、「成長因子」です。

 

細胞分裂を行い、成長を促進させる作用ですね。

 

また衰えた細胞を蘇らせることも可能な「細胞増殖因子」も含まれています。

 

この2つの作用だけでも、生命力の塊のようなこの栄養素からの効果が期待できますね。

 

不妊症への具体的な効果としては、ホルモンバランスを整え、子宮内膜を増やし受精卵が着床しやすい環境づくりをサポートしてくれます。

 

女性ホルモンが正常に分泌されると、生理周期が安定し排卵もしやすくなり、卵子の質を上げたり卵胞の生育を促進させたりといった効果が現れます。

 

また自律神経を整えてくれる効果もあるため、不妊症の大きな要因の一つとされるストレスから体内に発生する毒素、活性酸素への対抗力も上がると言われています。

 

プラセンタは不妊治療と併用して摂取している方も多いですが、お薬によっては相性がありますので、必ず医師や薬剤師と相談して摂取するようにしてください。

 

不妊症にザクロはどう?

さて、では次に果物のザクロはどうでしょう?

 

ザクロも女性に嬉しい効果がよく宣伝されていますが、これは女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)が豊富に含まれており、女性らしい体作りをサポートしてくれるからなのです。

 

女性らしい体作り、というとバストアップなどを思い浮かべてしまいますが、実は本当の女性らしさを作るのは体内から。

 

エストロゲンは女性の生殖器の発育を促進し、性機能を向上させてくれます。

 

つまり妊娠しやすい体内環境に導いてくれるのですね。

 

食べ方ですが、エストロゲンはザクロの種子に多く含まれていますので、種子ごと摂取できる方法が良いでしょう。

Sponsored Links

 

丸ごと搾ったジュースはもちろん、ドライフルーツなどでも手軽に丸ごと食べられるのでお勧めです。

 

ただし添加物が使われていないものを選びましょう。

 

ビタミンEなどの補給で不妊症を改善できる?

不妊症への効果が期待される栄養素に、ビタミンEがあります。

 

別名「生殖ビタミン」「子宝ビタミン」などと呼ばれているほどのビタミンEには、老化防止に役立つ抗酸化作用に加え、生体機能の調整作用、そして先に挙げたプラセンタ同様、自律神経やホルモンバランスを整える効果もあるのです。

 

もちろん、プラセンタにもビタミンEが豊富に含まれています。

 

更に冷え性の改善にも効果があり、子宮内膜の厚さを適正にして着床しやすい体内環境づくりをしてくれます。

 

そして高温期に分泌され、着床に欠かせない黄体ホルモンの原料にもなっているのです。

 

もちろんサプリメントなどで補給することも可能ですが、食材としてこのビタミンE摂取によく勧められるのが、アーモンドですね。

 

手軽に食べられて摂取量を調整しやすく、忙しい人でも毎日続けられるのが良い点です。

 

ビタミン類は一度に多く摂るよりも、継続的に体内に摂り入れていく必要があるため、おやつなどで補給していくことで妊娠しやすい体作りをすることができます。

 

またビタミンEは摂取することで男性も精子量や運動量が改善されるため、カップルで一緒に摂り入れていきたい栄養素です。

 

ビタミンCと同時に摂取するとより吸収率も良く効果が高まるため、サプリメントの併用やビタミンCを多く含む果実などとアーモンドを合わせておやつセットにしてみるのも手軽で良さそうですね。

 

ローヤルゼリーの不妊症への効果は?

最後に、これまた有名なローヤルゼリーについて、不妊症改善との関連を調べてみましょう。

 

ローヤルゼリーは古代より不老長寿の薬として知られ、主に年輩の方が好んで摂取しているイメージが強いのではないでしょうか?

 

実際、更年期障害などに非常に効果が高いと評判が良く、一旦閉経したと思われた女性がローヤルゼリーによって生理が再開した、といった報告も多く聞かれます。

 

このように女性の体内サイクルを改善できるのであれば、不妊への効果も期待できそうですね。

 

ローヤルゼリーは蜂の巣から取れる希少な栄養素で、驚異的な量の卵を産み続ける女王蜂だけが食べることを許された特別食です。

 

ローヤルゼリーには神経伝達物質であるアセチルコリンや、「長寿タンパク」の別名を持つアピシンなどの栄養素が含まれており、ホルモンバランスや自律神経の調整など、他でも挙げた不妊症改善に効果的な作用があります。

 

ローヤルゼリーは生体調節機能である視床下部から卵巣に働きかけ、自然治癒力を高めて若返らせる効果があるのです。

 

これにより排卵機能の異常を治し、生理周期の安定や排卵がしやすくなる環境づくりができるため効果が期待されているのです。

 

更に、ストレスの弊害は活性酸素だけでなく実は冷え性にも影響があるのですが、ストレスにより神経伝達機能が異常を起こし、血管が収縮している場合、ローヤルゼリーはこの神経系からくる冷えにも体を温めて改善する効果があることが分かっているのです。

 

不妊症の治し方!寝不足やお酒、たばこが原因?

 

Sponsored Links