妊活にグリーンスムージーやグレープフルーツは?

 

 

毎日、妊活のために野菜や果物を買ってきて食べるのはめんどくさいですね。

 

Sponsored Links

 

そんな方にはグリーンスムージーがおすすめです。

 

 

グリーンスムージーやグレープフルーツの妊活への効果や影響は!?

Green Smoothie

「子供を授かりたい」と考えたとき、自分自身の健康はもちろんのこと、

 

 

お腹の中の赤ちゃんが健やかに育っていけるような体づくりのために、しっかりと栄養を取り、体調を整えていくことが大切です。

 

 

まずは母体の体調をメンテナンスすることが最優先であり、自分自身の体と真剣に向き合うことが妊活の第一歩です。

 

 

そこで今回は妊娠力を上げると言われ、妊活に必要不可欠な栄養素「葉酸」をたくさん含み、

 

 

お手軽に美味しく楽しめるグリーンスムージーやグレープフルーツの効果についてご紹介します。

 

 

グレープフルーツジュースは不妊に効果的?

Green Smoothie

葉酸は、元々ほうれん草の葉から発見・抽出されたビタミンB群の一種です。

 

 

その働きは、細胞分裂やタンパク質と核酸の合成を促し、細胞の生産や再生を促進させることで体の成長を助ける他、

 

 

赤血球の製造にも関わるため、母子ともに健康を維持するために必要不可欠な重要栄養素です。

 

 

葉酸は妊娠前から摂取することで、神経管閉鎖障害(無脳症や二分脊椎など)発症のリスクを下げることができます。

 

 

特に、神経管閉鎖障害は妊娠初期(4週~12週)に発症するので、妊娠発覚時から摂取しても既に遅く、

 

 

できれば妊活を決意したその日から開始するのがよいでしょう。

 

 

葉酸を多く含む食品はたくさんありますが、グレープフルーツにも葉酸が含まれており、妊活中にはおすすめです。

 

 

・グレープフルーツ 100gの葉酸含有量 15㎍

 

 

グレープフルーツ1個の重さが300gほどで、可食部が約210gとして、大体グレープフルーツ1個を食べたときの葉酸含有量は約30㎍くらいになります。

 

 

では、グレープフルーツジュースの場合ではどうでしょうか?

 

 

残念ながらジュースをつくる過程で大切な栄養分も失われてしまい、

 

 

100%の濃縮還元ジュースでも100gあたり葉酸11㎍ほどしか入っておらず、果物よりも少なくなってしまいます。

 

 

因みに妊活中の女性に必要な葉酸は400㎍/日なので、

 

 

グレープフルーツやグレープフルーツジュースで補給しようと思ったら膨大な数・量になってしまい、効率的ではありません。

 

 

グレープフルーツに限らず、他の食品でも400㎍を達成するためにはかなりの量を取る必要があり、

 

 

毎日続けるのはキツイと思いますし、食費もかさんでしまいます。

 

 

そこで、食事の補給という形で葉酸サプリを活用するのも手段です。

 

 

葉酸サプリも多種多様で質の悪い製品もありますが、

 

 

中にはすべて食品から抽出した安心・安全な「葉酸サプリ」もあるので、厳選して試してみてはいかがでしょうか?

 

 

妊活中にグリーンスムージーを飲んでもいいの?

Green Smoothie

妊活中に必要不可欠な栄養素「葉酸」、できれば毎日様々な食品から積極的に摂取することをおすすめします。

 

 

葉酸が豊富に含まれている食品はたくさんありますが、その中でもお手軽に摂取しやすい食品は以下の通りです。

 

 

・ほうれん草

・ブロッコリー

Sponsored Links

・さつまいも

・グレープフルーツ

・いちご

・オレンジ

・レバー

・大豆etc

 

 

ただ、上記のような様々な食べ物を毎日の食事でバランスよく摂ることは結構大変なことですよね。

 

 

そこで、妊活に必要な葉酸をはじめ、ミネラル、カルシウム、鉄分などがたっぷり含まれ、

 

 

お手軽に摂取できるグリーンスムージーがおすすめです。

 

 

グリーンスムージーを自宅で作る場合、グリーン(野菜類)と果物と水(あるいは牛乳など)をブレンダーなどで混ぜ合わせるだけなので、

 

 

原材料さえあれば誰でも簡単に作れ、健康や美容にも最適と評判です。

 

 

ただ、グリーンスムージーは「体を冷やす」とも言われています。

 

 

このため、冷えが大敵な妊活には向いていないのではないかと思われがちですが、実際のところどうなのでしょうか?

 

 

やはり、生野菜やフルーツを原料としたグリーンスムージーは、飲み方によっては、体を冷やしてしまうことがあります。

 

 

ただ、原材料や作り方を工夫することで、逆に体を温め、冷え性の改善にもつなげることができます。

 

 

以下にポイントを紹介します。

 

・原材料の素材選び

・常温に戻してから作る

・スムージーを飲む前に白湯や温かいものを飲んでおく

 

 

体を冷やすイメージが強い生野菜やフルーツですが、

 

 

野菜の種類によっては体を温める作用があるので、こうした野菜を積極的に摂り入れましょう。

 

 

以下に体を温める効果のある野菜を紹介します。

 

・生姜

・大根

・ごぼう

 

 

また、野菜や果物に含まれるビタミンやミネラル、酵素は新陳代謝を促進させ、

 

 

冷え性改善にもつながりますし、血行促進効果や、抗酸化力アップで卵子の老防ぐなど、妊活中の体に嬉しいメリットがたくさんあります。

 

 

妊活中でもグリーンスムージーを是非積極的に摂り入れることで妊娠力アップにつなげていきましょう。

 

 

妊活中におすすめのミネラル酵素グリーンスムージーとは?

Green Smoothie

妊活中に必要な栄養素を効率よく摂り入れられるグリーンスムージーですね。

 

 

ですが、自分で作る場合、冷え対策のために原材料を厳選したり、

 

 

野菜やフルーツが常温に戻さなければならなず、時間や手間がかかる点がデメリットです。

 

 

そこで妊活中に気になる「冷え」を気にせず、非常においしく飲めて、

 

 

お手軽に摂取できる「ミネラル酵素グリーンスムージー」が高い人気を集めております。

 

 

ミネラル酵素グリーンスムージーは、ナチュラルヘルシースタンダードが販売する粉末タイプのグリーンスムージーで、厳選された野菜をはじめフルーツや穀類、

 

 

海藻など約200種類を原料とする酵素とミネラルが配合され、非常に栄養価の高いスムージーです。

 

 

ミネラル酵素グリーンスムージーの飲み方は、粉末をスプーン2杯分と水または牛乳などを粉末シェイカーに入れ混ぜるだけ、

 

 

ミキサーは必要なく、忙しい朝でも手間要らずで妊活に必要な栄養もたっぷり効率よく摂取できます。

 

 

また、栄養価が高いのに1食あがり22.86kcalととても低カロリーで、価格もお手頃な点も嬉しいポイントです。

 

 

通常購入ですと2,458円(税抜き)ですが、定期コースやたくさん飲むひとのための

 

 

「ボリュームタイプ」の定期コースもあり、とてもお得な価格設定となっています。

 

 

妊活中、しっかりと栄養を取りたけれど、忙しくて中々実行できないという方や、

 

 

毎日、栄養バランスのよいレシピを考えるのが大変という方には特におすすめです。

 

 

今なら送料無料で、初回限定でサンプル1袋プレゼントの特典もありますね。

 

button_003

 

Sponsored Links