妊活っていつからいつまでなの?

 

うまくいかない場合はどうすればいいか?

 

Sponsored Links

妊活初心者の方は必見です!

 

妊活っていったい何!?

最近よく聞かれるようになった「妊活」です。

 

ですが、単純に「妊娠するための活動」という意味は分かっていても、具体的にどんな活動をするのかが分からず、疑問に感じている女性も多いのではないでしょうか?

 

妊活とは、ただ単に子供を作るということだけではなく、妊娠しやすい健康な体をつくるために、生活習慣全般を見直したり、妊娠に向けて体を調整することを意味します。

 

近頃では有名人の中でも、妊活のために仕事を長期休業する人もいますが、実際に仕事を休まなければ妊活できないのか、ま休業するとしてもどのくらいの期間を要するのか等、疑問点は多いですよね。

 

今回は妊活についての豆知識や疑問点、成功のためのポイントについてご紹介します。

 

将来的に妊娠を望み、これから妊活を考えている方には参考になるでしょう。

 

妊活で上手くいかない理由とは?

女性にとって、妊娠・出産はかけがえのない素晴らしい経験です。

 

でも女性の体の構造上、いくつになっても出産ができるというわけにはいきません。

 

その大きな理由の1つに「卵子の老化」が考えられます。

 

では、「卵子の老化」とは一体何でしょうか?以下に説明します。

 

体内では体を酸化させ、妊娠の大敵でもある活性酸素の生成を抑える酵素が常につくられています。

 

しかし、加齢と共に酵素をつくる力は弱まり、抗酸化力も徐々に低下していきます。

 

このため酵素が対応しきれず、活性酸素が体内に過剰に発生してしまうと、卵巣内の卵子にも染色体異常などの悪影響を及ぼし、卵子の質が悪くなります。

 

また、年を重ねる度に卵子の数は確実に減っていくため、どんな治療を施しても妊娠しづらくなります。

 

特に35歳以降から加速的に妊娠率下がる傾向があります。

 

そこで、卵巣のアンチエイジングにより「卵子の老化」を防ぐようことが妊活の大切なポイントとなってきます。

 

アンチエイジングでも卵子の老化自体は避けられませんが、日常的に栄養バランスのよい食事で抗酸化力をアップさせたり、適度な運動で血流改善させることで卵巣の環境は改善され、卵子の老化を遅らせることは充分に可能です。

 

また、体だけではなく、気持ちをポジティブに持つことも抗酸化力アップにつながります。

 

ストレスは活性酸素を大量につくり出す原因となるので是非、明るく前向きな気持ちで妊活に臨んでみてください!

 

半身浴や酵素、養命酒で妊娠力がアップ?

 

妊活はいつからいつまで?

妊活はいつから始めるのがよいのでしょうか?

 

基本的には「子供が欲しい」思った時点から始められるのがベストです。

 

では、いつまで妊活を行うのかというと、これに関しては本当に人それぞれです。

 

例えば、様々な理由で妊活の途中で子供を断念せざるを得ないケースもありますし、妊娠・出産にまで至れる人もいます。

 

まずは妊娠しやすい体づくりのためにじっくりとメンテナンスを行う必要があるので、短期間という訳にはいきません。

 

妊娠に向け、ストレスのない環境を重視するのであれば当然、今までのようにバリバリと仕事をこなすわけにもいきませんし、長期間仕事を休業するケースも生じます。

 

いずれにせよ、パートナーとよく話し合い、最初から妊活を行う期間を決めておくと目安になってよいかもしれません。

 

一般的に女性が妊娠しやすく、質のよい卵子が作りだせる妊娠適齢期は20歳~34歳ころまでとされています。

 

子宮環境など体の機能的にも最も適した年齢期であるため、母子ともに「妊娠最適年齢」と言われています。

Sponsored Links

 

ただ、20代の頃は妊娠どころか結婚をしていない女性も多く、まだ仕事や恋愛、趣味などにも没頭したい時期でもあります。

 

実際、20代で積極的に妊活を実行しているという人は少ないでしょう。

 

また、35歳以降になると卵子の数が減少する上、卵子の質自体も悪くなるなど体の機能的にも妊娠しづらくなってきます。

 

なかなか妊娠できないため、様々な不妊治療も試みる人も多く、妊活にかかる費用もかなり高額になってしまうケースも多々あります。

 

このため、総合的に判断すると、30歳~30代半ばくらいまでが1番妊活に適した時期だと思います。

 

ただ35歳を過ぎたからといって妊活を止めるべきという訳ではありません。

 

確かにリスクは伴いますが、日常生活の改善で妊娠・出産することも充分に可能です。

 

大切なのは「絶対に子供が欲しい」と思う強い気持ちを持ち、規則正しい生活習慣や健康的な食生活で妊娠しやすい健康な体作りを心掛け、しっかりと実行していくことです。

 

 妊活を成功させる方法とは?

妊活を成功させるためにも、できれば早い段階で実行できることがベストです。

 

ただ「すぐにでも妊活を始めたい!」と思ってもパートナーの協力体制や、妊活のために仕事を長期間休むこと自体難しいのが現状です。

 

なかなかスムーズにいかない場合も多いでしょう。

 

また、妊活に関する様々な情報が溢れる中、本当に必要なことは何なのか混乱してしまうこともあると思います。

 

そこで、妊活を行う上で、まず行うべき重要なポイントを以下に挙げていきますね。

 

●月経周期の安定

定期的に生理が来ているか確認するためにも毎日基礎体温をつけ、キチンと排卵できているのかをしっかりとチェックしましょう。

 

もし、周期が乱れているようであれば、改善することが最優先です。

 

まずは、日常生活の見直しや、必要であれば婦人科に受診を受けることも大切です。

 

 

●生活習慣の改善(健康な体作り)

喫煙や暴飲暴食、運動不足や睡眠不足、ストレスも、抗酸化力を弱める原因につながるので要注意です。規則正しく、抗酸化力がアップする食生活を心掛けましょう。

 

また、適度な運動で筋肉をつけることで血流が改善され、抗酸化力が高められることで活性酸素を減らし、卵子の質を高めることができます。

 

妊娠力を高められる呼吸法やウォーキングとは?

 

下記が抗酸化力の高い栄養素となます。

・アルギニン:緑黄色野菜に多く含まれます。

・オメガ3脂肪酸:魚類や亜麻仁油、ナッツ類などに多く含まれます

・ビタミンC:パプリカ キウイ モロヘイヤ カリフラワーなどに多く含まれます

・ビタミンE:アーモンド 落花生 ウナギ サバ 南瓜等に多く含まれます。

 

不妊にアーモンドやザクロ、ローヤルゼリー?コーヒーは逆効果?

 

 

●体重管理

体重管理も妊活の重要なポイントです。

 

痩せすぎていると生理不順や排卵機能の低下などにより妊娠しづらくなります。

 

逆に太り過ぎの場合も、生理不順やホルモン異常、排卵障害によりやはり妊娠が難しくなる傾向があります。

 

定期的に体重をチェックして、ベストな体重をキープできるようにしっかりと管理しましょう!

 

妊活を成功させるために、何をするべきか迷ったときは、是非、上記のポイントを確認して、ムリなくできる範囲で実行してみてください。

 

年齢的に不安があるという方や子宮の健康状態が悪く、生理不順が続くようであれば婦人科を受診されることをおすすめします。

 

妊娠力は冷え性の改善で高められる?

 

Sponsored Links