pms症状でうつや吐き気!原因や改善方法は?

 

女性は、生理や生理前にはホルモンのバランスが乱れ、様々な症状によって悩まされています。

 

生理によって軽い症状から重く辛い症状まであり、耐えるにも辛いしょうじょうです。

 

そのため個人差にもよりますが、生理前の影響はさまざまです。

 

Sponsored Links

特徴としては、憂鬱やイライラ、感情的になったりと精神的に不安定であることが症状として挙げられます。

 

そのほかにも腹痛や腰痛、吐き気、肌荒れが症状として現れた場合には、生理前に起きるPMS(月経前症候群)と疑っても良いでしょう。

 

ただし、吐き気に関しては妊娠している可能性があると認識して下さい。

 

多くの方はPMSの吐き気を妊娠初期のつわりと思い間違って認識してしまうからです。

 

妊娠初期の症状で、つわり(吐き気)と眠気の症状があります。

 

妊娠している可能性が高い方は、症状を疑って見て下さい。

 

それでも心配と思う方は、妊娠検査薬を使って見てはいかがでしょうか。検査結果で妊娠しているか確実にわかります。

 

また、確実な方法としては、毎日の基礎体温を測る事や生理が始まった人終わった日をカレンダーに記入する事で、その時に妊娠しているかわかり易く、

 

安心できますよ。

 

PMSの症状で苦しんだり悩んでいませんか。

 

そこで、PMSの症状と原因、改善についてまとめて見ましたので参考にして下さい。

 

pms症状はうつや吐き気?

PMSで吐き気がひどい場合ってありませんか。あくびをしただけでも吐き気が感じたりと口の中が酸っぱくなりませんか。

 

つまり、吐こうと思えばいつでも出せますよって状態になります。

 

そこで、気持ち悪くて横になっても吐き気が治まる状態では無く、そのまま吐いてしまう感じが多いですね。

 

吐き気を感じて胃の状態が悪いと思い、胃薬を飲んでも効果を感じられる事は少なくありません。

 

生理前や生理が始まる事で食欲不振に起こりやすい、更に酷く吐き気が出る症状と併発でイライラの症状は女性ホルモンがバランスが乱れている事が関係があります。

 

つまり、体内のプロスタグランジンと言う生理活性物質が増える事、それが吐き気に繋がると考えられています。

 

吐き気の改善策として、プロスタグランジンが体内で増加を抑える事が出来る事が改善策かと思います。

 

吐き気の抑える対策として、プロスタグランジンの増加を抑える事。これが重要です。

・身体を冷やさない

・身体全体の血行を良くする

 

身体を冷やす事でPMSの症状でもある吐き気に悩んでいると言うわけですが、心当たりはありませんか。

 

常日頃の不規則な生活や食生活の環境などで血行が悪くなるような習慣の方は特に気を付けて下さい。

 

身体を冷やす事は、女性の身体にとってはあまりよくはありません。

 

普段の生活や食生活を見直しする事も大切なことです。

 

*PMSの症状で、うつ病と似た症状があります。

新しい環境やストレスによってうつ病になる女性が多く増えてきています。

 

うつの症状かもって思っていたら実際はPMS症状だったと言う事も可能性があります。

 

そこで、うつ病とPMSの違いを比較してみました。

 

 

*うつ病

身体的症状

・体が疲れる

・夕方に元気になる

・朝ベットから起きれない

・不眠

・食用不振・増加

・腰痛・頭痛

・便秘・下痢

・性欲減退

 

 

精神的症状

・気分の落ち込み、感情の起伏差が大きい

・好きな物に興味がなくなる

・突然涙が出る

・発狂、イライラ

・集中力低下

・自分がいない方が良い:生きる価値もない、生きて申し訳がない

・出かけるに億劫になる

・誰とも会う気が無くなる

 

 

うつ病の特徴として、常に自殺願望を持っていると思っていますが、実際は様々な症状がありレベルもあります。

 

つまり、自殺願望を抱いている方は、重度のうつ病にかかっています。

 

ですが、うつ病の初期症状であればPMS(月経前症候群)の症状と酷似してます。

 

うつ病の原因は、脳内のセロトニン分泌の低下によって関係したいますが、PMSと同様に詳しい原因はよくわかっていません。

 

うつ病の克服するには、薬との相性が合わない、患者の環境が変わらないと克服にはかなり時間が係ります。

 

脳内の原因を取り除けば、外的な原因のほうがうつ病には強いと言えます。

・人間関係

・新しい環境

・上司のパワハラ

・いじめ

・過労

・溜め込んだストレス

 

 

爆発する事で、心を閉ざしうつになってしまうのです。

 

では、PMSとうつの違いはと言うと、【一時的なもの】それだけの事です。

 

うつ病は、徐々に重くなり回復にはかなり時間が係ります。

 

躁うつ病状態であれば、明るい時と暗い時と差で激しく、初期段階であればPMSの判断にはつきにくいと思います。

 

感情の起伏差が激しくなり総うつ状態の時は人が変わるように気分が高ぶり、うつ病になると自殺願望が強く出てきます。

 

改めてPMSの症状はと言うと、生理前1週間から始まり、生理が終わる頃になると心も体もすっきりとした気持ちになっています。

 

うつになっているなぁと思いつつも、生理が終わると「気分がスッキリしてスイーツを食べよう」とアクティブな気持ちに戻ります。

 

そこが、うつとPMSの違いかと思います。

 

pmsの原因とは?

PMSとは、【月経前症候群】又は【月経前緊張症】と言われています。

 

つまり「Premenstrual Syndrome」の略称となります。基本的に生理が始まる3〜4日前から身体的・精神的な症状が現れてきて、生理が始まるとともに症状が緩和され、治っていきます。

Sponsored Links

 

個人差にもよりますが、月によってPMSの症状が違って現れる場合もあります。その症状はなんと200種類以上ともいわれています。

 

PMSの特徴として

*身体に現れる症状

お腹の張り、腰痛、便秘、下痢、吐き気、頭痛、乳房の張りと痛み、腹痛、過食、食欲不振、肩こり、むくみ、めまい、肌荒れ、ニキビ、動悸

 

 

*精神的な症状

イライラ、落ち込み、無気力、集中力低下、疲労感、睡眠過多

生理前から便秘になり生理になると下痢気味なると言う方もいます。

また甘いものを食べたくなるなど過食になったり、また食欲不振になったりと現れる症状は人それぞれです。

PMSの原因として、何故起こるのかはっきりと原因は分かっていません。

考えられる原因として、いくつかあります。

 

 

・プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響:

排卵から生理前に分泌されるプロゲステロンが原因で、水分代謝に影響が出てきます。

浮腫みの原因とも言われます。

水分代謝が乳房に溜まれば張りや痛みになり、頭に溜まると頭痛として症状があらわれます。

 

 

・脳内物質の低下:

排卵後に卵胞ホルモンの分泌が減少することで、「セロトニン」と呼ばれる脳内の物質が低下してしまい、うつやネガティブなどの気持ち的に不安定になってしまうのです。

 

 

さらに、生理前に血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効果が低下することで血糖値が上昇します。

 

そして、血糖を下げるには普段よりも多量のインスリンが必要です。その為に、食後から2,3時間後は低血糖に陥りやすくなります。

 

なので、「いつもよりも甘いものを食べたくなる」と言う症状が出てくるんですね。

 

 

・ビタミン・ミネラルの欠乏状態

PMSがある多くの方に見られる症状として、微量の栄養素であるミネラルやビタミンが欠乏状態であるといわれています。

 

 

・PMSの症状が重たくなる原因は個人差はあるものの、食生活・生活習慣・性格などが大きく関係しています。

 

 

・PMSの症状が重くなる原因はほかにも、結婚・離婚、就職・転職などの生活環境が急激に変化したり、ハードワークといった緊張状態がつづていたり、疲労の蓄積などが挙げられます。

 

 

主に働く女性は、無理が重なると集中力低下して仕事のミスが多く、攻撃的な感情になったり、またはひどく落ち込んだりとトラブルが続いてしまいがちです。

 

 

・考え方や性格のなかで、負けず嫌いや几帳面、完璧主義、律儀、真面目といった自分に厳しい方。

 

 

・クヨクヨと悩む、細かいことを気にする、辛くても我慢してしまう方。

 

 

PMSの症状が出やすいので要注意です。

 

 

・ミネラルやビタミンの不足を招いてしまい、強い症状が出てしまう原因としては、食生活に嗜好品食生活のバランスが悪いことが挙げられます。

 

 

また喫煙やお酒、カフェインが入っている珈琲に甘いものなど、嗜好品をよくとる方も症状が出やすいですね。

 

 

・自律神経と体力の低下

風邪や病院に疲労などで免疫力が低下によって自律神経が乱れます。普段から不調気味な方は症状が重く出ます。

 

pmsの症状を改善する方法

PMSの症状を改善するにはライフスタイルが大きく関わって来ます。

 

不調が出ている時は少しでもケアをする事が大切です。

 

そこで、身体からの症状に向き合う事で、治癒力を出して見ましょう。

 

 

・食生活

食生活の中で気を付ける事。

 

それは、朝食を抜かない、ビタミン・ミネラルの補給です。

 

朝御飯を抜くと眠気やイライラを感じるなど症状が重たくなります。

 

ですが、ミネラルやビタミンなどを補給することで、このようなPMSの症状を緩和・軽減することができます。

 

また、玄米を取る事で食物繊維も取れて便秘解消になります。

 

他にも体内の余分なコレステロールや糖分を排除する働きがありますので積極的に摂取して見ましょう。

 

但し、甘いものは出来るだけ控えましょう。

 

イライラするとつい甘いものが食べたくなりますが、砂糖を使っている甘いものは急激に血糖値を上下にさせてしまうので、ビタミンやミネラルが消耗させます。

 

症状を軽減させるには、1日3食でバランスよく食べる事が大切です。

 

 

・運動で軽減

身体を動かす事で、気分転換になります。

 

ウォーキングにストレッチ、ヨガで身体を内側から温めたあげましょう。

 

身体を動かす事で、自律神経が整い血流も良くなりむくみが解消になり、気分がスッキリとなります。

 

また、骨盤のゆがみを治す事で、血流や卵巣機能、ホルモンバランスも良くなります。

 

そこで、簡単に出来るゆがみ強制体操やバランスボール取り入れて見ませんか。

 

 

・休憩も大切

一日の疲れにゆっくりとお風呂に入るのもPNSの症状を緩和させてくれます。

 

37度から40度くらいの入浴にゆっくりと入ると、緊張がほぐれ疲れも取れてむくみもすっきりになります。

 

また、心と身体をリフレッシュさせてはいかがでしょう。

 

好きなアロマオイルやお香で香を嗅いだり、美味しいもの食べたり、好きな音楽を聞いたりと心と身体をリラックスして見ませんか。

 

そして、何よりも生活リズムを整えて事が何よりも大切です。

 

生活リズムを整える事によって自律神経が良くなります。ホルモンの分泌は午後22時から午前2時まで活発になるので、遅くても午前12時には寝る事をすすめます。

 

 

・ストレスを溜めない

身体の事を考えて、プレッシャーかけたり、クヨクヨ考えたりと症状が重くなりがち。

 

そこで、何事にも無理はしない事。楽しい事をイメージする事。

 

思いっ切り甘やかす事をして見ませんか。のんびり過ごし、笑う事で免疫力も付いて心の栄養素には大切な事ですよ。

 

Sponsored Links