妊活でアラフォーが知っておくべきこと!

 

40代を超えた女性の方でも、妊娠力を高めることは可能です!

 

Sponsored Links

アラフォー妊活の現状は?

晩婚化に伴い女性の平均出産時年齢も上昇しています。

 

漠然と「いずれ結婚・出産できればよいかな」と思っている内に妊娠適齢期が過ぎ、なかなか妊娠できず不妊治療に踏み切る女性も多いようです。

 

そんな中、「そろそろ本気で子供が欲しい」と願うアラフォーの女性たちの間で「妊活」という言葉が注目されつつあります。

 

妊活とは、妊娠・出産に向けて、婦人科を受診したり、日常生活を見直すなど妊娠しやすい体作りのために積極的に活動することを意味します。

 

ただ、女性が最も妊娠しやすい妊娠適齢期は20歳から34歳と言われており、遅くなればなるほど妊娠できる確率もぐっと下がります。

 

特に35歳以降になると妊娠できる確率が半減するとも言われ、妊活に悪戦苦闘されているアラフォー女性もたくさんいます。

 

一方、中にはアラフォーであっても妊娠に成功し、無事出産される方もいます。

 

そこで、アラフォー妊活で成功するポイントや秘訣について以下に紹介します。

 

アラフォーでも妊活は大丈夫?

アラフォー妊活でネックとなる点は何でしょうか?

 

まず考えられるのは妊娠できる確率「妊娠率の減少」の問題です。

 

一般的な自然妊娠のケースでは、30歳で25~30%ほどの妊娠率なのですが、35歳で18%、40代なると5%にまで下がってしまうことも確認されています。

 

この「妊娠率の減少」の大きな原因は、「卵子の老化」です。

 

男性の場合、その都度新しい精子が作られるため、年齢に関係なく精子は常に新鮮な状態なのですが、女性の場合、生まれたとき既に卵子のもとが出来上がっているのです。

 

年齢に伴い卵子の質も低下してしまうという訳です。

 

また、体内には体を酸化させ、シミ・小じわの原因となる美容の大敵・活性酸素を抑制する酵素がつくられていますが、加齢に伴い酵素を生産する能力が弱まり、抗酸化力は徐々に低下していきます。

 

このため、体内や卵巣内にも活性酸素が過剰に発生してしまうと、卵子にも悪影響が及び、染色体異常など卵子の質の低下につながります。

 

さらに加齢と共に卵子の数も確実に減っていき、特に35歳以降はガクンと妊娠率が下がる傾向があります。

 

やはりアラフォー女性の妊活では、妊娠力や体力の低下などを考慮して、それなりの努力や忍耐を覚悟する必要があります。

 

ただ、35歳以降でも決して妊娠ができないわけではなく、諦める必要もありません。

 

確かにそれなりに苦労やリスクも伴いますが、日常生活を改善して、妊娠しやすい健康な体作りを心掛けることで妊娠・出産の成功率をかなり高めることも可能です。

 

そのためには、妊娠に必要な正しい知識や情報、またリスクもきちんと把握しておくことが重要です。

 

後々「知っていればよかった」と後悔しないよう正しい方法で効果的な妊活を実行しましょう!

 

アラフォーの流産率とは?

妊活を行う期間は個人差が大きく、妊娠しやすい健康的な体作りのため、人によってはかなり長期間、辛く長い道のりが続くケースも生じます。

 

また、妊娠に成功しても、無事に出産するまでには様々なハードルがあります。

 

アラフォー妊活の場合、「妊娠率の低下」に次ぐ大きなハードルは流産とも言えます。

 

ただ、どの年齢でも流産のリスクは伴うのですが、特に35歳以上の高齢出産の場合、流産のリスクも高まる傾向があります。

 

原因は「卵子の老化」と卵巣内の卵母細胞数が急激に減少してしまうことの2点です。

Sponsored Links

 

この「卵子の老化」は、流産率とも深く関わっており、卵子の老化による染色体異常や卵子自体の質の低下が主な原因として考えられます。

 

因みに年齢別の流産の発症率は以下の通りです。

35歳 約20%

40歳 約40%

42歳 約50%

 

また、「卵子の老化」により、不妊、流産以外にも、ダウン症候群などの染色体異常の子どもが生まれる確率も年齢と共に高くなります。

 

具体的には、35歳で200分の1、40歳出80分の1となっていますが、流産に比べるとかなりリスクが少なくなります。

 

ただ、アラフォーでも妊娠に成功して、順調に出産を経験する女性もたくさんいます。

 

確かに高齢出産のリスクは高く、不安もたくさんあると思いますが、あまりリスクばかりに捉われ神経質になる必要はありません。

 

妊娠・出産に向け万全な準備をしつつ、常に前向きな気持ちで妊活に臨むことが1番大切なのではないでしょうか。

 

アラフォーに効果的な妊活とは

妊娠が難しいとされるアラフォーですが、実際に妊娠に成功している40代女性もたくさんいます。

 

では、アラフォー妊活の成功の秘訣とは一体何でしょうか?

 

以下、アラフォー妊活で欠かすことのできない効果的なポイントを挙げていきますね。

 

 

【アラフォー妊活のポイント・:子の質を上げるポイントは!?】

●日常生活習慣の見直し

一生の内で子宮環境や卵子の質が最もよく、妊娠しやすい20歳~35歳が妊娠力のピークで女性の出産適齢期とも言われており、40歳以降の妊娠は非常に難しいとも言われています。

 

ただ、日常生活を見直し、妊娠しやすい体作りを心掛けていくことで、アラフォー女性の妊娠も充分に可能です。

 

まずは、卵子の質を上げるため、子宮のアンチエイジングが重要なポイントとなります。

 

そのためには、毎日、規則正しく栄養バランスのよい食生活や適度な運動を取り入れ、抗酸化力アップにつなげていきましょう!

 

飲暴食や喫煙、睡眠不足、運動不足、ストレス等は抗酸化力を弱め、卵子の質を低下させるので要注意です。

 

ストレスを溜めず、毎日ゆったりとした気持ちで過ごしましょう。

 

 

●基礎体温をつける

妊娠のためには、生理周期や排卵日をしっかりと把握しておくことが大切です。

 

このため、面倒だとは思いますが毎日欠かさず基礎体温をつけましょう。

 

また、生理周期が乱れていたり、体の不調を伴うようであれば、まずは婦人科で受診することをおすすめします。

 

 

●抗酸化力アップにつながる食品を積極的に摂る

食生活も妊活には最も重要なポイントです。

 

普段から抗酸化力の高い食品を積極的に摂りいれ、健康な体作りを目指しましょう!

 

特に、青魚や亜麻仁油、ナッツ類などに多く含まれるオメガ3脂肪酸や緑黄色野菜に含まれるアルギニンは抗酸化力を高める食品としておすすめです。

 

他にも、野菜・果物に多く含まれるビタミンCやウナギ、南瓜、アーモンドなどに含まるビタミンEも抗酸化力アップにつながる優秀食品です。

 

ただ、食べ過ぎて体重過多になると、生理不順やホルモン異常、排卵障害といった症状が起こりやすくなります。

 

逆に栄養不足で痩せすぎでも、生理不順や排卵機能の低下により、妊娠が難しくなるので、健康的なベスト体重を維持することも大切なポイントです。

 

以上のポイントをしっかりと抑え実行することで、たとえ35歳以上でも妊娠の可能性をぐっと高めることができます。

 

大切なのは妊活に向ける強い気持ちです。

 

確かに、辛いことも多いかもしれませんが、何事も前向きにポジティブに捉えることできっとよい結果につながりますよ。

 

Sponsored Links