「妊活にプラセンタや漢方、お茶やアロマは効果的?」

 

いま話題のプラセンタ・お茶・アロマ、これらは妊活に効果あるのか!?

Sponsored Links

 

晩婚化が進むにつれ、女性の妊娠・出産も遅くなり、不妊に悩む女性も増えています。

 

そんな中、「本気で赤ちゃんを授かりたい」と願う女性たちの間で「妊活」が注目されています。

 

「妊活」とは、将来、妊娠・出産するために、妊娠しやすい体作りのために前向きに活動することです。

 

まずは規則正しく栄養バランスのよい食生活や適度な運動など日常生活の見直しにより妊娠力を高め、できるだけストレスのない楽しい日々を送ることが重要です。

 

そこで今回は、子宮環境高め、妊娠力アップにつながると言われる今話題のプラセンタやストレス発散やリラクゼーション効果で、妊活に効果的と言われる漢方やお茶、アロマについて、

 

それぞれの特徴や妊活中に与える影響などについて解説していきますね。

 

これから妊活を始めるという方はもちろん、妊活に励んでいるけど中々結果に結びつかず、悪戦苦闘している方にも、是非参考にしてみてください。

 

妊活に漢方やお茶は効果的?

【漢方薬 妊活にはおすすめ!?】

不妊治療に漢方がよいとはよく言われますが、本当に不妊に効果あるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか?そこで、妊活に効果的とされる漢方についてポイントをご紹介します。

 

 

・体質改善による不妊治療

漢方医学では体全体の体質改善を行い、妊娠しやすい体作りを目指すことが治療の基本となります。

 

このため、冷え性やストレス、血流悪化など、不妊の原因に焦点を当て、メンテナンスをしながら体全体の体質を改善していくことが治療のスタンスとなり、特に現代医学では原因が不明瞭な不妊の改善に効果を発揮します

 

妊娠力は冷え性の改善で高められる?

 

 

・漢方の安全性について

不妊治療薬には様々なタイプがありますが、大きな副作用を伴うことも少なくありません。

 

その点、漢方薬は天然の生薬を使用しているため、医薬品のように即効性はありませんが、体に優しく副作用も少ないため妊活中の女性でも安心して服用できることがメリットです。

 

 

・漢方の処方について

漢方も実に多種多様で、個人個人の体質や症状によっても適した漢方は異なりますし、同じ症状であっても生薬の配合率が変わってきます。

 

このため、漢方薬局など薬剤師に問診を受け、最適な漢方薬をオーダーメイドで処方してもらうケースも多いです。

 

漢方薬の中には高価なものもありますが、保険が適用されるケースもあるので、服用前に病院に問い合わせ、医師や薬剤師に相談してから適量を守って服用しましょう。

 

 

【妊活中のお茶 効果と注意点】

妊活中には、毎日の食事はもちろん、飲み物にも注意する必要があります。

 

ポイントは、女性ホルモンの働きを促進させる効果や妊娠の大敵、「冷え」の改善効果があること。

 

また、美容や健康に効果があるお茶でも、カフェインをはじめ妊活中には控えたい成分が含まれたお茶も多々あります。

 

また、ハーブティの中にはノンカフェインであっても妊活中・妊娠中には飲んではいけない成分が含まれている「禁忌ハーブ」もあり、注意が必要です。

 

そこで、以下に妊娠力を高め、妊活中に是非おすすめしたいお茶をご紹介します。

 

妊活の飲み物でおすすめTOP3は!?

 

・タンポポ茶

漢方の原材料としても親しまれるタンポポには、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

 

また、タンポポには排卵機能や卵巣機能に関わるホルモンを正常化させる作用があるため、特に妊活中の女性におすすめです。

 

 

・ルイボスティー

Sponsored Links

ルイボスティーは、ビタミン・ミネラル・鉄分をたっぷり含み、ノンカフェインで安心な上、美容・健康効果もあり、妊活中に積極的に摂り入れたい飲み物です。

 

 

・ローズヒップティー

爽やかな酸味で美味しく飲みやすいハーブティです。やはりノンカフェインで、ビタミンCが豊富に含まれているため、冷え性改善効果のある栄養成分・鉄分の吸収を促す作用があります。

 

妊活中、食事と同様に飲み物も妊娠力を高めるものを積極的に摂り入れることで妊娠への第一歩につながります。

 

食事と併用して積極的にお茶を摂り入れ、妊娠力を高めていきましょう!

 

妊活にアロマはどう?

妊活中は、心身共に疲れやすく、ストレスを溜めてしまうことも多々あるでしょう。

 

しかし、ストレスは血流を悪化させるだけでなく、自律神経失調により卵巣機能を低下させるなど妊娠力の低下につながります。

 

そこで、妊活中の疲れた心と体のストレス解消としておすすめなのがアロマテラピーです。

 

アロマテラピーの精油の中でも、心身共に安定できるリラクゼーション効果が高く、妊活中におすすめのものを以下に紹介します。

 

●女性ホルモンのバランスを整える効果

ゼラニウム(ホルモンが正常に分泌されるよう調整したり、血流促進効果)

 

ローズ(生理不順、生理痛緩和など)

 

 

●リラクゼーション効果

ラベンダー(ストレス緩和による心身のリラックス効果)

 

イランイラン(神経のリラックス効果)

 

 

心身ともに疲労が溜まったときは、ストレス解消法を上手く利用してストレスを発散させることが大切です。

 

妊娠力を高められる呼吸法やウォーキングとは?

 

特に、アロマの香りが心身に与える影響は大きく、ホルモンバランスを正常に整えてくれたり、心身ともに癒されるリラクゼーション効果など妊活中に嬉しい効果がたっぷり!

 

是非おすすめしたいストレス解消法です。

 

妊活にプラセンタはおすすめ?

プラセンタと言えば、美容や疲労回復、アンチエイジングなど高い効果が認められ、美容の分野だけではなく医薬品としても非常に注目されています。

 

ただ、妊活中にプラセンタを摂取してもよいのか、その安全性や効果など気になる点も多いのではないでしょうか?

 

そもそもプラセンタは、胎盤から抽出した有効成分のエキスです。

 

プラセンタのサプリは授乳中や妊娠中に飲める?不妊には効果的?

 

ですが、抽出の過程でウイルスの殺菌や血液除去はしっかりと行われているので、母体や胎児に悪影響を及ぼす可能性は極めて低く、安全性に関してはほぼ心配ありません。

 

もともとプラセンタエキスは出産前後の母体の健康維持や体力回復に大きな効果がありますし、最近では不妊治療にも効果があることが分かり、妊活中にも積極的に摂り入れられるようになっています。

 

特に妊活中の女性にプラセンタがおすすめな理由の1つは、プラセンタが細胞分裂を促す「成長因子」を含んだ胎盤由来の成分であるため、子宮内膜の増殖や卵子の質向上をはじめ、受精卵の着床率の上昇などの効果が期待できる点です。

 

また、プラセンタにはダメージを受けた細胞を活性化させ、自律神経の乱れやホルモンの乱れを整える作用があるため、不妊の原因・不眠症やストレスなど神経系の改善に大きな効果を発揮します。

 

さらに、血圧の改善や生理前の不調「PMS症候群」の緩和にも効果的で、妊活中には是非積極的に取り入れたい成分です。

 

以上、プラセンタの様々なメリットについて紹介しましたが、妊活中にプラセンタ注射やプラセンタサリを服用する場合には、やはり予め専門医の相談を受けてからの服用がベストです。

 

母体はもちろん赤ちゃんの健康を第一に考え、医師の指示をしっかりと守って正しい方法で服用しましょう。

 

Sponsored Links