生理痛の薬の飲みすぎは危険?漢方やツボで頭痛を改善?

 

生理前に起きる頭痛ですが、痛みが激しいかと家事や仕事がはかどらない事ってありませんか。

 

Sponsored Links

そんな時って気分も沈んでしまいますよね。

 

そんな時に飲む薬や漢方薬にツボによって緩和されますね。

 

そこで、ツボや漢方薬、鎮静剤と飲み方や効果について情報をまとめて見ました。

 

生理痛の薬の飲みすぎは危険?

生理と頭痛。

 

全く異なる症状に見えますが、実は最も関わりがあるのです。

 

それは、生理周期による脳内で分泌されるホルモンによって関係しています。

 

生理周期を生み出す女性ホルモンのエストロゲンが関係していることから生理前の頭痛を引き起こしてしまいます。

 

脳内のセロトニンと呼ばれる神経伝達の物質が減少する原因として、女性ホルモンのエストロゲンの減少が挙げられます。そのセロトニンが減少すれば脳内血管が拡張されます。

 

減少状態が続くと血管の周りの神経が刺激されて頭痛が引き起こします。

 

 

生理周期の中でも排卵前がエストロゲンの絶頂期となりますが、排卵後は急激に減少してしまうのです。

 

排卵してから生理直前まで頭痛が起こりやすくなります。

 

ゆえに、ホルモンが乱れると頭痛を招きやすいです。

 

痛いからって頭痛薬の飲み方やそれに伴っているラベルや記載されている注意書きをよく見ていますか。

 

とても危険な行為としては効果がないと思ってしまいって規定量よりも大量に摂取してしまうことです。

 

それはとても危険な行為です。

 

頭痛薬の飲み方について覚えて置きましょう。

 

頭痛薬の飲み方

頭痛薬は、「痛い」と感じたらすぐに服用しましょう。

 

飲むタイミングのベストとしては、本格的な痛みが発症するまえの「少し痛いな」というときになります!

 

「生理痛はプロスタグランジンと呼ばれる物質が原因になりますが、鎮痛剤によってこの物質を抑制させる効果を得られるのです。

 

なので、痛みを感じたら早目に飲む事をおススメします。

 

痛みに対して我慢し耐えきれなくなってから飲むと痛みの物資が大量に出て来ます。

 

その後に服用しても効果は効きにくくなります。」

 

そこで、生理初日から痛みやすい方は、生理が始まると同時に服用しましょう。

 

また、2日目から痛みだす方も2日目から服用するなど自分の生理痛のタイプを把握する事も大切です。

 

痛みを緩和させるには、身体や生理のサイクル把握して自分にとってタイミング良く服用すれば痛みが減少し緩和する秘訣ですよ。

 

ただ、鎮痛剤は生理痛の治療薬でもありません。

 

薬の力によって一時的に痛みや熱を抑えているだけあり、根本的な原因を改善したわけでもないので、勘違いを起こさないよに気を付けましょう。

 

それと、痛みがあるにもかかわらず、鎮痛剤を飲まないでいる方は多くいると思います。

 

では、何故って思いますよね。

 

それは、「鎮痛剤を飲んでいると、薬の効果がなくなる」など思っていませんか、これは大間違いです。

 

鎮静剤を飲みすぎると、胃や腸にかける負担が大きくなります。

 

薬が効果を発揮している間はとくに負担がかかっていると思うこともないでしょう。

 

ですが、後になって強い痛みが感じる事がありますので、気を付けて下さい。

 

他にも、めまいや下痢、眠気。ひどい時は過呼吸やけいれんなど副作用を引き起こす事があります。

 

また、生理痛がひどいからって自己判断で薬の量を増やす事は絶対に止めましょう。病院の医師にその際は相談することをおすすめします。

 

薬を飲みすぎると耐久ができて効果を得られないと思っていませんか?

 

1カ月のうち数日間は、自分に合った薬を用法と容量を守って服用する事で心配はありません。

 

薬の箱に書いてある注意書、添付文章をよく読む事で、きちんと守ることが重要であり大切です。

 

但し、無理してまで痛みを我慢して数日過ごす事は、心と身体に負担がかかりますので、痛みがある時は、鎮痛剤使う事をすすめます。

 

薬局には、多くの鎮痛剤があります。専門家の薬剤師に相談しながら、選ぶことをすすめます。

 

生理痛に効果的な漢方とは

生理痛には漢方薬が効果的で、原料としては天然の生薬とされる自然の野草が挙げられ、それ以外にも複数の生薬で絡みあって作られるので、人体に有益となる様々な効果・効能を得られます。

 

また、漢方薬に中には生理痛に効く生薬も多くあります。

 

鎮痛剤やピルと違い漢方薬は即効性では劣りますが、天然の薬物なので身体に優しく副作用は少ない、続けて服用する事で体質改善が出来るのが嬉しいですね。

 

鎮痛剤は病気や症状を抑える薬に対して、漢方薬は体質や状態に対して処方する薬です。

 

漢方薬は、病気が元で生理痛に効果がない事もありますが、逆に体質から来る症状を元から断つ事は出来ます。

 

ただ、いずれにしてもきちんと自分に合った薬を使う事が大切ですね。

 

▪︎主な漢方薬の種類を紹介

【桂枝茯苓丸】(けいしぶくりょうがん)

効果として、血行を良くする漢方薬です。

 

身体の冷えの原因となる症状を改善してうっ血や血行障害を解消して、肌荒れの原因となる炎症を予防する効果が得られます。

 

足の冷えや下腹部の痛み、頭痛にめまいなどと主な打生理痛にも良く効きます。

Sponsored Links

 

他にも月経不順や更年期障害、子宮内膜炎、のぼせにしみ、にきびなど効果があります。

 

 

【当帰芍薬散】(とうきしゃくやくさん)

効果としてはホルモンバランスを調整したり、血行を促進して貧血症状を改善する漢方薬となります。

 

特にこの漢方薬は冷え性の症状が重い女性向けとなり、月経不順や生理痛、生前前後の不快感、貧血、冷え性、下腹部の痛み、めまい、頭痛の改善に効果を期待できます。

 

さらに、慢性腎炎・更年期障害・神経痛・耳鳴り・肩こり・動悸にも効果的とされています。妊娠中の障害である、むくみ、習慣性流産の予防、痔、腹痛、

 

産後の肥立不良(妊娠前の体型にもどらずにやせたままのこと)なども効果があります。

 

 

【桃核承気湯】(とうかくじょうきとう)

効果は、「血液の循環をよくする」「ホルモンバランスを整える」漢方薬です。

 

主に月経不順、重い生理痛、月経困難症、珊瑚の精神不安定、イライラ、便秘に用いられています。

 

他にも効果かとして打ち身、高血圧に伴う頭重感、肩こり、めまいも効果が得られます。

 

 

【加味逍遥散】(かみしょうようさん)

効果は、「血液循環を良くし身体を温める」「のぼせなど上半身の熱を冷ます」「ホルモンバランスを整える」漢方薬です。

 

神経症・イライラ・不眠症・精神不安・手足の冷え・だるさ・頭痛・肩こり・生理痛・月経不順などに効果的とされています。

 

また、更年期障害、自律神経失調、月経待緊張症の治療薬として使われています。

 

実際、漢方薬の効果については、生理痛の緩和の他にも月経過多(血の固まりが減少)に効果があった、体重も減少したと多くの方から聞かれています。

 

生理痛を頭痛で改善できる?

生理になると、生理痛や頭痛と両方に襲われると本当につらいですよね。

 

頭痛だけでも辛いのに肩こりがひどくなる事もあります。

 

女性なら誰でもがなる生理中の体調不良ですが、女性特有な物です。

 

原因となるものがあれば辛い症状も改善が出来ますよ。

 

生理痛、頭痛を改善させるには、薬を頼ってしまいますね。

 

ちょっとその前にツボを押して見ませんか。

 

生理によってエストロゲンが分泌されますが、それに伴った頭の血管が収縮される事で頭痛が起きてしまいます。

 

そのために頭痛には血管の収縮を抑える必要があります。

 

そこで、【ツボ押し】は最適なのです。

 

ツボを押す事で、ストレスが緩和される効果が見られ生理痛にも頭痛にも両方とも効き目があります。

 

では、ツボの場所です。

 

 

*天柱(てんちゅう)

天柱は、最初にツボを押してほしい場所です。

 

場所として、首筋の髪の毛の生え際にあたる部分です。

 

5秒間、ギューと押してください。それを10回ほど刺激をあたえて下さい。

 

天柱を刺激する事で血流が良くなります。

 

血流が良くなれば、頭痛の改善にもつながります。

 

他にも、ストレス解消も期待があります。

 

頭痛だけではなく生理痛にも効き目がありますよ。

 

 

*風池(ふうち)

天柱の他にも風池と言うツボがあります。

 

風池も生理痛や頭痛にも効くツボの一つです。

 

場所は、天柱から斜め上にの方にツボがあります。

 

押して見ると頭蓋骨が微妙にですが当たるので、分かると思います。

 

 

風池も天柱同様に手を逆手にして親指でツボを押してください。

 

それを10回刺激して下さい。

 

刺激を与えると血流が促進されて血管の収縮も治まり頭痛が軽減になります。

 

生理痛や頭痛に悩まされている方は是非、お試しを。おススメします。

 

ツボを押して、刺激をした後は、食べ物で改善して見ましょう。

 

生理中に生理痛や頭痛も引き起す食べ物があります。

 

それは、普段から食べている食べ物かも知れません。

 

そこで、原因となる食べ物をまとめて見ました。

 

・コーヒー

・赤ワイン

・チーズ

・チョコレート

 

といった食べ物は、頭痛を引き起こしてしまう有名な食べ物となります。

 

出来れば避けた方良いかと思います。

 

珈琲も頭痛を和らげるにはいいと言われていますが、生理中は生理痛が悪化させるカフェインがあるので、飲まない方が良いでしょう。

 

生理中ではなけれは、気にしなくてもいい食べ物ですが、カフェインや糖分は生理痛には良くないので、生理が終わるまでは控えた方が良いですね。

 

逆に生理中に積極的に摂った方が良い食べ物があります。

 

それは、大豆です。

 

大豆の中には、イソフラボンが多くあります。

 

女性ホルモン、エストロゲンと似た成分で、生理によって体内で決められているエストロゲンを一定の量から大幅に減少します。

 

ということは、頭痛の表れがホルモンの不足ということが挙げられます。

 

ですので、生理が始まる前にイソフラボンを補給して、エストロゲンの量を増やし、頭痛は改善されます。

 

食べ方として、豆乳、味噌、豆腐を積極的にとって見ましょう。ホルモンバランスが整い改善されますよ。

 

豆乳や豆腐は毎日は無理と言う方でも、味噌汁なら毎日とれますね。

 

また、わかめや海苔など海藻類も積極的摂って見ましょう。

 

海藻類はミネラルが豊富な食べ物で生理痛や頭痛にも効果があると言われています。

 

大豆や海藻類は生理期間中に積極的に食べる事で改善につながるので、オススメします。

 

Sponsored Links